ジュエリー,シューズ,バッグ,ウォッチの各分野に特化したモノづくりの技術習得を目指す専門学校ヒコ・みづの東京校TOPへ

技能五輪全国大会

NEWS

「技能五輪全国大会」とは??

  • 技能五輪全国大会は、国内の青年技術者(原則23歳以下)が42種の技術競技で日本一を競い合う、唯一の全国レベルの技能競技大会です。1963年より毎年開催されており、偶数年度の大会は、翌年に開催される技能五輪国際大会(隔年開催)の選手選考を兼ねています。プロも参加する「職人のオリンピック」と言われ、本校では「貴金属装身具部門」と「時計修理部門」に選抜学生が参加しています。2021年の東京大会では「貴金属装身具部門」にて金・銀・銅メダルすべてを本校学生が独占するという快挙を成し遂げました。

競技課題

貴金属装身具部門- Jewellery -

  • 競技では、18金の板材、丸線材、角線材、および2種類の金ロウ材が競技前日に支給されます。それらの指定材料を使い、切り出し、ヤスリ掛け、ろう付け、表面の仕上げまですべての工程を手作業で行います。競技は2日間(計11時間)に渡って行われます。2019年大会より、フリーデザインを起こして作品に組み入れる内容に変更され、技術力のみならず、デザイン力も総合的に評価されるようになりました。仕上がりの綺麗さはもちろん、デザインの美しさも追求し競い合います。競技は2日間、合計11時間に渡り行われます。1日目は課題の飾り部分を製作、2日目は前日に製作した課題を組み合わせ、最終仕上げまでを行い、作品を完成させます。

時計修理部門- Watch Repairing -

  • 腕時計の修理技術はもちろんのこと、既製の部品がない場合に時計技能者として必要とされる正確な部品製作技術も評価される競技です。
    競技は2日間、合計8時間かけて行われます。1日目は、クオーツ式時計と機械式時計の不具合箇所を見つけだして、課題に定められた正しい状態になるように修理します。修理と同時に、分解から洗浄、注油、組立まで行い、きれいに仕上げて提出します。修理状況、そして仕上げの完成度も評価されます。2日目は支給される指定材料を使い、時計に使われる部品1種類を手作業で製作、その正確性や美しさを競います。

受賞歴

2022年 第60回 千葉大会
貴金属装身具部門

金賞市川 ヒカ瑠アドバンスドジュエリーコース 3年 / 東京校

銀賞福島 大志アドバンスドジュエリーコース 2年 / 東京校

銅賞安達 凛クリエイティブジュエリーコース 2年 / 大阪校

2021年 第59回 東京大会
貴金属装身具部門

金賞井上 泰世アドバンスドジュエリーコース 2年 / 東京校

銀賞松村 大梧アドバンスドジュエリーコース 4年 / 東京校

銅賞岡村 乙未ジュエリークリエーターコース 2年 / 東京校

2020年 第58回 愛知大会
貴金属装身具部門

金賞青木 優心クリエイティブジュエリーコース 3年 / 大阪校

銀賞門田 眞乃アドバンスドジュエリーコース 3年 / 東京校

銅賞松村 大梧アドバンスドジュエリーコース 3年 / 東京校

銅賞中野 沙紀ジュエリークリエーターコース 3年 / 東京校

敢闘賞山本 美杏ジュエリークリエーターコース 3年 / 東京校

時計修理部門

敢闘賞三原 伊織ウォッチメーカーマスターコース 3年 / 東京校

2019年 第57回 愛知大会
貴金属装身具部門

銀賞中野 沙紀ジュエリークリエーターコース 2年 / 東京校

銀賞山本 美杏ジュエリークリエーターコース 2年 / 東京校

銅賞青木 優心クリエイティブジュエリーコース 2年 / 大阪校

敢闘賞豊蔵 眞琴ジュエリークリエーターコース 2年 / 東京校

時計修理部門

敢闘賞福田 陽介ウォッチメーカーマスターコース 3年 / 東京校

2018年 第56回 沖縄大会
貴金属装身具部門

金賞圷 志織アドバンスドジュエリーコース 4年 / 東京校

銀賞野田 銀河アドバンスドジュエリーコース 4年 / 東京校

銀賞村田 拓真アドバンスドジュエリーコース 卒業生 / 大阪校

銅賞神田 夏稀アドバンスドジュエリーコース 3年 / 東京校

銅賞小島 佑太 ジュエリークリエーターコース 2年 / 東京校

2017年 第55回 栃木大会
貴金属装身具部門

銀賞圷 志織アドバンスドジュエリーコース 3年 / 東京校

銅賞小原 沙耶香ジュエリーマスターコース 3年 / 大阪校

敢闘賞松藤 ともジュエリープロダクトコース 2年 / 東京校

インタビュー

貴金属装身具部門- Jewellery -

  • 福島 大志さんアドバンスドジュエリーコース 3年 / 東京校

    今年はプレッシャーとの闘い

    昨年は右も左もわからないままの初出場でした。先輩がすごくプレッシャーを感じていたのを思い出します。その時はあまりピンとこなかったんですが、いざ自分がその立場になってみると、後輩たちの眼差しがものすごくキラキラしていて!「先輩としてしっかり引っ張らなければ」という思いと同時に、「いい結果を出さないと!」というプレッシャーにも思えました(笑)。
    昨年初めて大会に出場して思ったのは、いかに日々のトレーニングが大事か、ということでした。昨年はプレッシャーを感じずとも会場の雰囲気に圧倒されたりしたので。日々しっかり練習していれば緊張していてもちゃんと実力を出せると思うんです。コツコツ今できる練習をして課題が発表されるのをワクワクしながら待っています。今年の大会は特に、国際大会の出場権がかかっているので、絶対金メダルを取れるように頑張りたいです!

  • 平原 育実さんアドバンスドジュエリーコース 3年 / 東京校

    苦手な作業をひとつひとつクリアにしていく

    私は今年で2回目の出場になります。昨年の大会は、「もっとこうすればよかった」という課題が残った大会でした。頭でわかっていても、やはり苦手だと思う作業は手から慣れていかないと本番で上手くいかないことがわかりました。より自分の弱点を理解する機会になりましたね。ですから今年は、練習方法を少し変えました。自分の苦手なところを重点的に反復して、作業ひとつひとつを「苦手」から「自信」につなげていく。何ができないのかが明確にわかるので、去年より取り組みやすいです。今はとにかく納得するまで綺麗に形をつくることに集中しています。普段から「丁寧に仕上げる」ことを習慣づけて、本番であわてたとしてもその力が発揮できればと。あと少しでラスト1か月なので、これから時間配分にも心がけて大会までに仕上げていきたいです。

  • 松渕 颯馬さんアドバンスドジュエリーコース 2年 / 東京校

    なるべくリラックスして大会に挑みます

    ヒコに入学を検討していた時に、技能五輪全国大会が毎年行われていて、先輩たちがたくさん活躍していることを知りました。1年生の時に担任の先生に、技能五輪全国大会に出場した先輩たちから技術を学べる「技能クラブ」に参加してみない?と勧められて、もしかしたらこれはチャンスかも!と思いました。先輩たちの熱意ある講義を聞き、僕自身も意欲がどんどん高まりました。今年の出場選手を決める選考会に無事合格して、それからはトレーニングの日々。最初はついていけるかな、という心配もありましたが、担当の先生方や一緒に出場する先輩たち、そして夏休みには以前出場経験があるOBの方々にもたくさん指導していただいて、少しずつ自信がついてきました。ただ、緊張しいでどうしても力んでしまうので、力のコントロールがうまくできるようにリラックスして、いつも通りの実力が出せたらいいと思います。

  • 日向 健太さんジュエリークリエーターコース 2年 / 東京校

    カッコいい先輩たちと一緒に出場、すごくワクワクします

    1年生終わりの春休み、なんとなく担任の先生の推薦で参加した「技能クラブ」で衝撃を受けました。「技能クラブ」は、技能五輪全国大会に出場経験がある先輩たちから色々な彫金技術を学ぶという部活動です。近い先輩だと1学年しか差がないのに、見せてくれるコツや技は本当に凄くて、僕もああいう風にできるようになりたいと思いました。説明もひとつひとつ的確でわかりやすくて、僕たち1年生に伝えたい!という熱い想いがひしひしと伝わりました。先輩たちへの憧れから「大会に出場したらもっと上手くなれるかな」という好奇心に変わり、選手に選ばれてからは日々トレーニングに励んでいます。技能クラブで教えてくれた先輩たちの中の二人は今年も出場するので、トレーニング中は質問することも多くて申し訳ない気持ちもありますが、一緒に出場できてうれしいし、僕もしっかり頑張らないと!という気持ちです。憧れの先輩たちではありますが、負けないように頑張って金メダルを取りたいです!

  • 井上 瑠美奈さんクリエイティブジュエリーコース 3年 / 大阪校

    自分のベストを出すための、日々のトレーニング

    今年で技能五輪大会への出場は2回目。昨年は初めてだったので、トレーニング期間中ずっと気が張っている状態で疲れていましたが、今年はオンとオフを切り替えて休むように心がけて練習しています。昨年の経験をいかして、どうしたらより速く良い形がつくれるか、苦手なところをどう改善していくかなど考えながら取り組めています。担当講師の伊藤先生からは、作業が慣れてくると雑なところが出てしまう癖があるので「工具の使い方の基本を忘れないことが大切」とアドバイスをもらいました。また練習で夜遅くなってしまった時は親が迎えにきてくれたり、大会にも応援しにきてくれる予定で家族の支えも心強いです。とにかく1番は当日楽しむこと! 自分のベストを出せるようトレーニングに励みます!!

時計修理部門- Watch Repairing -

  • 用皆 陸さんウォッチメーカーマスターコース 2年 / 東京校

    短い学生生活の中で、ひとつ大きな目標に挑戦したい

    入学して間もない頃、この大会のことを初めて聞いて、「出てみたい!」と強く思いました。きっと3年間の学生生活はあっという間に終わるだろうし、どうせなら何かひとつ、大きな目標に挑戦したいと思ったからです。2年生になって無事選考会を通過してトレーニングが始まってからは、授業とはまた違う学びがあります。自分の苦手とする作業がわかってきたりするので、反復練習を重ねてちょっとずつできるようにしています。修理技術も難しさはありますが、自分はパーツを作る作業が思うようにいかないことが多いので、そこを重点的にトレーニングに励んでいます。自宅でも練習ができるといいなと思って、部屋に作業スペースも作りました。目標は時計修理技能検定1級の実技が免除される「技能証」をもらうことです。全課題で一定の合格ラインを超えないともらえない、かなり高い目標ではありますが、残り期間しっかり準備して、目指していきたいです!

  • 新田 凜香さんウォッチメーカーマスターコース 2年 / 東京校

    日々健康に過ごして、自分の100%を発揮したい

    昨年、先輩たちが出場した大会を見学しに行きました。「こんな世界があるんだ!」とワクワクして、私も出てみたいと思うようになりました。一緒に出場が決まった用皆くんがすごくペースが速く、作業も丁寧なので、一緒にトレーニングしていると「私ももっと頑張らないと!」と燃えてきます。ひとりだったらきっとここまで集中してトレーニングできなかったと思います。昨年出場した先輩と話す機会があって、色々とアドバイスをもらいました。たとえば、本番前に生活リズムをしっかり整えておくのが大事、とか。いくらトレーニングを頑張っても本番直前に体調を崩したら台無しですから。なので今一番気をつけていることは「健康第一」でいることです。ちゃんとご飯を食べて、ちゃんと寝る!あとは当日、周りの作業ペースや音に気を取られずに、自分の作業に集中できるように頑張りたいです!

高校1・2年生からの進路選び詳しくはこちら