新型コロナウイルス感染症に関する対応について

詳しくはコチラ

ジュエリー,シューズ,バッグ,ウォッチの各分野に特化したモノづくりの技術習得を目指す専門学校ヒコ・みづの東京校TOPへ

《セミナー報告》talkaTive

《セミナー報告》talkaTive

本校ジュエリーコース卒、株式会社シャベル社長でありジュエリーブランド「talkative」デザイナーのマロッタ忍さんをお招きして学生時代の作品についてとブランド立ち上げからショップ立ち上げまでの経緯を、学生からの質問を交えてお話しいただきました。

 
マロッタ忍さんは大学でグラフィックデザインを専攻し、印刷会社でグラフィックの第一線を経験後、本校ジュエリーコースでジュエリーを学ばれました。ご本人曰く、グラフィックを勉強しただけに2D的発想は得意でしたが、3Dはあまり得意ではないとのこと。でも、それを逆手にとってグラフィカルなデザインを3Dに活かすことで新しい表現を確立したそうです。

ブランドのコンセプトになっている、「会話が生まれるジュエリー」はまさに大人が遊べるジュエリーを提案し、「おしゃべり好き」という意味のブランド名にも表れています。

今回のセミナーで特に印象に残り、学生にとって大変良い参考になったのは、日々の生活の中で常に目に付いた物をジュエリーにしたらどうなるか?という課題を自分に与える頭の体操をしているそうです。
その中から、現在のヒット商品も生まれているそうです。

例えば、電車で前に座ったB系の女子グループが大きな声でしゃべりまくっていて、その中のひとりがフープ型の大きなピアスをつけていたそうです。それが漫画に使われる吹き出しのように見えて生まれたのが、下の商品です。軽快かつ、楽しいピアスで、耳元で揺れていると本当に話し声が聞こえてきそうです。



学生の様々な質問にも、真剣に楽しくお答えいただき、中身の濃い充実したセミナーになりました。

talkaTive→http://www.talkative-jwl.jp